改善出来るアトピー肌~輝ける肌づくりの説明書~

夫婦

肌対策に使われる栄養素

男女

痒み防止が期待される成分

アトピーとは一般的に、慢性的に痒みが続く原因不明の湿疹を指した言葉だとされています。こうしたアトピー症状を改善するための対処法が、現在でも研究されていると言われています。そして日常生活面での改善方法の一環として、栄養素の補給が挙げられます。近年ではアトピー改善に有効だとされる栄養素として、亜鉛と、太陽の紫外線を浴びた時に生成される活性化ビタミンDに注目されています。亜鉛は体内にある各種酵素の働きを助ける成分として知られており、その酵素の中には活性酸素に対抗する抗酸化作用を持つタイプも含まれます。亜鉛摂取で細胞分裂へ悪影響を及ぼす活性酸素に対抗する力を高める事で、肌を含めた全身の新陳代謝の手助けに繋がるとされます。また活性化ビタミンDも細胞分裂の働きを助ける他、肌のキメを支えるコラーゲンの生成を促す機能もあるとされます。近年では亜鉛だけで無く、本来は適度に紫外線を浴びて初めて生成される活性化ビタミンDも医薬品として使われるケースがあり、更なる活用が待たれています。

症状緩和が期待される食材

それ以外にも、アトピー改善に有効だと考えられている成分を含む食材がいくつか挙げられます。もともとアトピーでは、何らかのアレルギー誘発物質に体内の免疫機能が過剰反応した結果、肌表面の炎症が起きる事で発症するケースがあるとされます。したがってアレルギーに対抗できる食材をバランスよく摂取する事で、症状緩和が期待されます。近年ではアトピーにも有効だとされる食材として、乳酸菌や魚、お茶などが挙げられます。ヨーグルトをはじめとした乳酸菌を含む食材を日常的に摂取し、腸内環境が改善されると、免疫機能正常化やアレルギー抑制に繋がるとされています。特にKW3110やL-92と言われる株からつくられた乳酸菌は、アトピー改善効果が高いとされており、更なる研究が待たれています。乳酸菌の含まれる食品を毎日継続して食べるのが困難な場合は、乳酸菌の含まれる健康食品を摂取すると良いでしょう。乳酸菌が大量に含有されていますが、お腹に溜まらないサプリメントなどを活用すると便利です。また魚に含まれる不飽和脂肪酸や、お茶に含まれるビタミンCにカテキンなどの成分がアレルギーの制御には有効だとされており、アトピー改善に繋がると考えられています。

日常での肌効果を呼ぶ方法

女

肌細胞の荒れが起こりやすくなっているアトピーでは、ビタミンDの摂取や洗い方、食習慣に睡眠などで注意が必要となる。ビタミンDの効果を引き出すためには、1日数十分程度の紫外線を浴びると良い。またビタミンCや魚の摂取、肌に傷を付けない洗い方、規則的な睡眠が有効な対策とされる。

Read More...

健康食品のメリット

栄養補助剤

アトピーの治療は、長期に渡ってもなかなか改善しないことがありましたが、乳酸菌を使ったサプリメントの効果が期待できます。使用方法を正しく守り、上手にサプリメントを利用して、体の中から改善していきましょう。

Read More...

アレルギーを改善

女

戦後の食生活の変化が、アトピーの原因だとする説があります。具体的には、植物性の油や動物性タンパク質の摂り過ぎというものです。解決策としては、不飽和脂肪酸のオメガ3の摂取を増やすことだといわれていますが、あわせて野菜等の食材を増やすことも推奨されています。

Read More...