改善出来るアトピー肌~輝ける肌づくりの説明書~

女性

アレルギーを改善

女

よくあるアレルギーとは

アトピー性皮膚炎で知られるアトピーは、自己免疫不全といわれるアレルギーのひとつです。アレルギーは何種類かに分類されていますが、アトピーはI型るいはIV型に属するとされています。アトピーは、近年になって発症する人が急激に増えてきました。このような短い期間で増えたという事は、遺伝とか遺伝子の変化が原因とは考えられないとされています。アトピーの原因として有力な説は、食生活の変化によるものです。特に、戦後の日本は、アメリカの影響を強く受けていますので、それは、食事の内容にも及んでいます。特に、動物性のタンパク質、脂質より植物性のそれの方が健康に良いという神話が未だ多くの人に信じられていることが、アトピーの増加にも関係しているという説が有力です。

植物性の油

植物性の食品では、マーガリンがよく使われています。しかし、欧米では、マーガリンの食品への使用を禁止しているところが多いのですが、日本では、あらゆる食品に含まれています。また、植物性の油も体に良いという事で、多くの製品や家庭での調理に使われています。これらに含まれているリノール酸は、コレステロール値を下げると信じられていますので、ここ50年程で、その摂取量が、以前の何倍にもなっています。しかし、現在では、リノール酸や魚以外の動物性タンパク質の大量摂取がアトピーになる原因ではないかという説が有力になっています。それでは、どうすれば良いのでしょうか。それは、いま話題になっているオメガ3という不飽和脂肪酸の摂取を増やすことです。これでアトピーを改善できるそうです。