改善出来るアトピー肌~輝ける肌づくりの説明書~

女性

日常での肌効果を呼ぶ方法

女

サプリメント摂取時の注意

原因不明の痒みや湿疹が続くアトピー症状に対して、現在でも様々な研究が続けられているとされます。そして近年では、アトピー対策として有効な成分も発見される様になっています。その1種に挙げられるビタミンDは、肌のターンオーバーを支える成分の1つだと言われています。ただし、こうした肌対策効果をビタミンDに期待する場合、日常生活で気を付ける点が1つ挙げられます。それが、適度な日光浴です。サプリメントで提供されているビタミンDの多くは、そのままでは肌への効果的な作用が期待しづらい成分構造だとされます。肌への作用をもたらすためには日光浴による適切な紫外線を浴びる事で、ビタミンDを体内で変化させる必要があるとされています。そのため、1日に10分から30分程度を目安に、日差しを浴びるとビタミンDの変化に有効とされます。一方でもともと紫外線は、肌への悪影響が懸念される要素の1つとなっているため、浴び過ぎない様にする必要もあります。

日常生活における工夫

この他、アトピーに対する日常生活での対策もいくつか挙げられます。第1に入浴時の洗い方が挙げられます。アトピーを持っている患者の肌は、比較的肌の細胞同士が乾燥してはがれやすくなっていて、隙間が増えている様な状態だとされます。そこで洗い過ぎたりこすり過ぎたりすると、肌細胞がはがれて余計に酷くなる確率が高まるとされます。そのため、脇や股間・足裏の部分や、酷く汗や汚れが付いた部分で無ければ、湿疹状態の肌を洗う時は出来る限りお湯か、洗浄能力が弱めな石鹸を少量付けただけに留める方が良いとされています。また食習慣では、抗酸化作用に繋がるビタミンCを豊富に含む野菜や果物、あるいはアレルギーや炎症への効果があるとされる脂肪分を多く含む魚を主体に、バランス良い内容にすると、アトピー対策としての効果が期待できるとされます。サプリメントでアトピー対策に有効とされる成分が含まれている商品を毎日継続して飲むことも、アトピー改善に有効でしょう。そして睡眠習慣を規則的にすると、肌の回復がより促進されると言われています。